ニュース英語の学習と本レビュー

生きた英語と書評ブログ

独学で初級~中級レベルの英会話力を身につける方法

独学で一定のレベルの英会話力を身につける方法の紹介です。

スクールやオンライン講座に通わずに「完全独学」で「ゼロの状態から初級~中級レベル」までは「英語を話す」ようになるための方法論です。

私自身の経験から「海外旅行を一人で行けるレベル」まではいけると確信しています(TOEIC725観光英検2級旧工業英検2級ヨーロッパ一人旅の経験あり)

もちろん完璧ではないですし、決してペラペラになれるわけではありません。

地道な積み重ねは必須です。

でもいったん土台が出来上がれば、その先のペラペラの道も見えてきます。

そのためにまずは当面の目的である「初級から中級レベル」の英会話力を目指しましょう。

以下に順を追って、その方法を紹介していきますね。

スポンサーリンク

中学・高校レベルの英語テキストをやりこむ

何はともあれ、基礎的な文法力と単語力が必要です。

そのためには、まずは中学校レベルの文法・単語を覚えていくことが必須です。

使うのは市販のテキストで全然かまいません。

どれを選んでも良いと思います。

自分に合ったものでひたすら「暗記」「反復練習」を繰り返してください(後におすすめの書籍を紹介しています)

中学英語の知識は「簡単な日常英会話」のベースになります。

まずはここを覚えて、初級レベルの英語知識を身につけましょう。

それが済めば次は高校レベルの単語と文法です。

高校レベルの英語は「論理だててまとまった英語」を話すためのベースになります。

勉強する流れは中学英語を同じで、まずは単語と文法をマスターすることです。

中学英語が「生活のための英会話」だとすれば、高校英語は「学問やビジネスのための英会話」になります。

ゼロから英語力を身につける中で、この中学・高校レベルの英語知識の獲得が最も骨が折れる作業だと思います。

しかしここをクリアしておくことで、次の「実践的な英会話力」の学習法がグンと楽になりますので、地道で大変ですが、ぜひ頑張ってください。

ちなみにおすすめのテキストですが、中学英語に関しては「スーパーステップ」シリーズがおすすめです。

公文式が発行しているテキストなので、分かりやすくて良書だと思いますよ。

アマゾン「スーパーステップ中学英語シリーズ」

高校英語の英文法は同じくスーパーステップシリーズが、単語はZ会の速読速聴シリーズのコア1900あたりが良いかなと思います。

created by Rinker
¥1,430 (2023/02/07 03:09:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,090 (2023/02/07 03:09:14時点 Amazon調べ-詳細)

以下にそれぞれの学習の補強になる記事を置いておきますね。

実践的な英語ボギャブラリーを身につける

中学・高校レベルの英単語や英文法を身につけると、基本的な英語の知識は理解できるようになります。

ただその段階では外国人との会話にまだまだ耐えるものではありません。

あくまで「学校英語」にすぎないので、それをより実践的なものに変えていく必要があるからです。

本当はここでいきなり留学や外国人との会話に進んでも良いのですが、それだとまだまだ不完全な英語力のままなので、現地や現場で苦労することが目に見えています。

なのでもうしばらくは「独学」を続けて学校英語を「実戦英語」にチェンジしていくプロセスを頑張りましょう。

そのための有効なツールとして「海外の映画やドラマ、ニュースのDVD」「youtubeの海外動画」の2つがあります。

英語圏のネイティブやそれ以外の海外の素材を使って、生の英語に触れて学んでいく方法です。

使用する素材では「日本語字幕」「英語字幕」がついていることが必須です。

流れとしては、

①日本語字幕で映画やドラマ、ニュース動画をみる(音声は英語)

②英語字幕で再び見る(音声は英語)

③字幕なしでもう一度見る(音声は英語)

の3つ。

これを繰り返します。

ポイントは②の「英語字幕で見る」です。

このときに日本語と照らし合わせて意味が分からなかったり、気になった単語やフレーズをメモしておきます。

こうすることで「生の英語のボギャブラリー」が増えていくことになります。

学校英語では学べなかった「リアルな英語の表現集」というやつですね。

英語の基本的な構造は学校英語でマスターしているので、理解は早いはずですよ。

動画の良いところは、それを使うシチュエーションを話者の表情や身振り手振りで理解できるところです。

英語表現と同時に使うべき状況・ボディランゲージも学べるので、一石三鳥です。

この学習法は学校英語を学びながらでもできますが、その場合は高校レベルの英語を学んでいる際に行うことをおすすめします。

中学英語を学んでいる状況だと、生の英語はまだレベルが高いですからね。

この勉強法のより詳しい内容は以下の2つの記事でまとめていますので、こちらもよければ参考にどうぞ。

「シャドーイング」で英会話の筋肉を鍛えよう!

続きを見る

英会話は細切れにして話そう!スピーキングのコツを紹介

続きを見る

最終仕上げ:外国人と話す

いよいよ最終段階です。

ここまでくれば、かなり英語力が上がっているはずです。

すでに初級は脱して中級レベルになっていることでしょう。

あとは実際に外国人と会話するだけです。

知識は十分なので、リアルな会話のスピードや間の取り方などを学んでいきましょう。

もちろんそれにも段階はあるので、以下に並べていきますね。

①練習相手になってくれる外国人を探す

日本に住んでいる外国人との英会話になります。

ある程度、日本語が理解できる人が良いでしょう。

お互いに語学を学び合うのもおすすめです。

(例)語学の交流イベント、学校の留学生、会社の同僚の外国人、近所に住んでいる外国人、行きつけの店の外国人、趣味サークル等の外国人など

②日本に観光に来ている外国人と話す

観光客に英語で話しかけて、できれば日本を案内してあげる語学の勉強法です。

昔からある世界共通の語学練習法です。

相手が日本語を話せない場合も多いので、ぶっつけ本番の度胸試しにもおすすめです。

(例)観光案内、友達作り、ナンパ

③英語を使う仕事をする

英語を話す必要のある仕事に就く方法です。

いきなり就職だと英語以外の苦労が増えるので、最初はアルバイト程度が良いと思います。

観光地の土産屋さんがベストですかね。

東京の浅草寺や秋葉原だと、必ずお客さんに外国人が来るはずです。

外国人が良く来るバーやレストランなどの接客もおすすめです。

東京都飲食店アルバイト求人サイト【ペコリッチ】

コンビニや量販店のアルバイトでも良いかもしれません。

逆に観光地や主要都市に住んでいない場合は、探すのに苦労するかもしれません。

地方は労働者としての外国人が多いと思うので、英語は通じない可能性もありますから。

その場合は求人サイトで「英語」「英会話」と打ち込んで、近隣の英語を使える仕事を探すのが手っ取り早いと思います。

業界特化の求人情報、多数掲載!【アルバイトEX】

英語に自信があれば通訳や翻訳のアルバイトもおすすめです。

またもしアルバイトでは飽き足らなかったり、どうせ使うのならキャリア形成に組み込みたいという場合は、いきなり就職でも良いですね。

英語を活かせる仕事の紹介と就職&転職情報まとめ

ほかにも「外国人と話す」方法やコツをまとめていますので、こちらもご覧ください。

外国人と話して英語をレベルアップさせる方法【5選】

続きを見る

英会話は細切れにして話そう!スピーキングのコツを紹介

続きを見る

まとめ

以上が独学で初級から中級レベルの英会話力を身につける方法論です。

最後の外国人と話す方法は厳密には独学ではありませんが、自分からアクションを起こして無料で行うという意味では「独力で学ぶ」に等しいと思います。

基本的な流れは、

①英語の基本的知識を身につける(中学・高校英語)

②実践的な英語表現を身につける

③外国人と話す

の3つに分けられるかなと。

私の場合は①は十分でも、②が不十分なままで海外に旅立ったので、あまり上手に現地の人と会話することが叶わなかったのですが、帰国してから一念発起して学び直し、今はなんとかビジネス英語の初級くらいまでは話せるようになっています。

なので、個人的にはとくに②の実践的な英語表現の獲得が肝かなと思っていますよ。

当時は今のようにyoutubeがありませんでしたので、学習環境はより充実していると思いますしね。

あとは外国人と話し、海外に旅行し、留学や仕事でバリバリに英語を使っていきましょう。

もしどうしても「一人で勉強を進めるのが苦手」「きちんとプロに教えてほしい」という場合は、以下に「使える本気の」英会話スクールを紹介していますので、こちらもよければお読みくださいね。

本気で英語レベルを上げたい人の英会話スクール3選

続きを見る

ベルリッツ

スポンサーリンク

-英語学習

Copyright© 生きた英語と書評ブログ , 2023 All Rights Reserved.